インターネットが遅いので、速くする方法を教えて欲しい。

  ご利用環境の確認、見直しをお試しください。

インターネットの表示が遅い場合、お客様のご利用環境、NTT回線、プロバイダなど、いくつかの区間で原因が考えられます。

▼インターネット接続のイメージ図

インターネット環境が不安定になる要因

1.インターネット回線の問題

NTT回線が混雑していることにより、速度が低下していることが考えられます。複数のお客様で回線を共有していただいておりますので、混雑状況によっては、速度が低下する場合がございます。(帯域制御
著しく速度が遅い場合は、NTT東日本・西日本へお問い合わせください。

2.セキュリティ対策ソフトの影響

パソコンの能力によっては、セキュリティチェックの処理に時間がかかる為、速度が低下したと感じることがあります。また、セキュリティ対策ソフトによっては通信を制限しているケースがあります。このような場合、セキュリティ対策ソフトのセキュリティチェック項目の見直しを行っていただくことで症状が改善する場合があります。

3.パソコンの処理能力の低下

ソフトウェアを使用中にインターネット接続をすると、メモリ不足により速度が遅くなる場合があります。ソフトウェアを終了し、速度が出るかお試しください。また、パソコンに多数のデータを保存されてる場合も速度が低下することがあります。不要なソフトウェアやデータは削除してください。

4.ブロードバンドルーター、ハブの問題

ブロードバンドルーターやハブなどの機器が速度低下の要因となっている場合もあります。このような場合は、ルーターやハブを介さず、ご利用になるパソコンだけを接続し、速度をご確認ください。ルーターやハブを介さない場合に速度が回復した場合は、ルーターの設定項目の見直しや、機器の交換等をご検討ください。

※無線LANでインターネットに接続している場合
無線LANの通信方式は、インターネット回線よりも遅い場合がある為、速度が低下することがあります。

5.適したLANケーブルを使用していない

転送速度がインターネット回線より遅いLANケーブル(カテゴリ4)をご使用の場合、速度低下が発生する可能性があります。カテゴリ5以上のLANケーブルを使用し、速度をご確認ください。


表示金額は税込み(税率8%)