PPPoE・IPoEとはなんですか?

  NTT光回線「フレッツ」への接続方式です

NTT東日本・NTT西日本の提供する光回線「フレッツ」へ接続する方式の種類です。
インターネット接続には2種類の接続方式があります。従来からある「PPPoE方式」と新しく登場した「IPoE方式」です。

PPPoE方式IPoE方式の違い

PPPoE・IPoEの比較


従来のPPPoE方式 新しいIPoE方式
通信速度

遅い

速い
接続方法
ID・パスワードによるユーザ認証回線認証(ID・パスワードの設定なし)
閲覧できるウェブ
IPv4のみ
IPv6のみ
※ミライネットのクロスパスは
「IPv4 orver IPv6」によりIPv4にも接続可能



PPPoE方式(Point-to-Point Protocol over Ethernet)

PPPoEは「Point-to-Point Protocol over Ethernet」の略で、通信をする際の約束事となる「プロトコル」のひとつです。
インターネットの技術が登場した当初は、電話回線を利用したダイヤルアップ接続で通信を行っていました。この時に使用されていたのが「PPP(Point-to-Point Protocol)」というプロトコルの技術です。このPPPにはユーザ認証などの機能がある為、通信を提供する際の管理やセキュリティにおいて便利な点が多くありました。

その後技術が発達し、高速な通信を利用できるようになった際に、このPPPをイーサネット(有線ネットワーク技術の主流※LAN等)上でも使用する必要がでてきました。そこで登場したのがPPPoE(PPP over Ethernet)です。

PPPoEはPPPをもとに発展した技術の為、ユーザーID・パスワードによるユーザ認証が必要となります。またIPv4、IPv6いずれを使用しても網終端装置を必ず通過する設計となっている為、近年のアクセス増加により通信の輻輳が発生しやすくなっていることが問題となってきています。

IPoE方式(IP over Ethernet)

IPoEは「IP over Ethernet」の略で、通信をする際の約束事となる「プロトコル」のひとつです。
PPPoEと大きく異なる点は、PPPoEがユーザ認証を必要とすることに対して、IPoEは宅内や社内で使用しているLANと同じ方法で通信が出来る点です。IPoEの通信ではユーザ認証の代わりに回線認証でユーザを特定します。PPPoEは電話回線を使用したダイヤルアップに対応していますが、IPoEは最初からイーサネット(有線ネットワーク技術の主流※LAN等)で使用することを前提に設計されており設計がシンプルです。プロバイダ、接続事業者(VNE)の持つ情報を利用してインターネットへ直接接続をする為、混雑するポイントとなる網終端装置を通過することなく安定した快適な通信を利用することが出来ます。

IPoEはIPv6専用の技術の為、IPv4のウェブサイトは表示することが出来ません。
その弱点を補う方法として「IPv4 orver IPv6」という技術があります。IPv6を使用しながらIPv4で通信ができる新たな接続方式で、IPv6の通信が安定するメリットと従来のIPv4が利用できる便利さを両立するものです。




表示金額は税込み(税率10%)