[事業移管]ジャパンネットから移行される方へ

事業移管のご案内

この度、株式会社インフォウェアが提供するジャパンネットのプロバイダサービス(インターネット接続、及び付随するHP・メールサービスの一部)を、弊社株式会社ミライコミュニケーションネットワークに移管することになりました。移管するサービス及び移管の流れにつきましてご案内いたします。移管に伴い、ジャパンネットサービスをご利用のお客様には、移行申請、各種設定の変更、ウェブサイトの移行作業等をお願いいたします。

移行申込みをいただきましたお客様は、そのままサービスをご利用いただけます。移行をしない場合、2020年9月1日以降は[インターネット接続][固定IPのご利用][FTP接続(ウェブサイト関連作業・ウェブサイトの表示)][メールの送受信]等、すべて行うことができなくなります。お早めの移行申込み・移行作業をお願いいたします。

※ 2020年8月25日11:00以降は、移行作業を行うことができません。旧サービスの管理画面・サーバには接続ができなくなります。

事業移管のスケジュール

※クリックで拡大します


移管できるサービスについて

インターネット接続サービス

詳細は、新旧サービス内容比較表をご確認ください。


主な変更点

メール・ウェブ領域について

以下のように変更となります。

メールの仕様
メールボックスの仕様
メールボックス保存容量(※1) 100MB
メール保存期間(※2) 60日
送受信の最大容量(※3) 20MB(1メールあたり)
WebM@il利用時の
送受信の最大容量(※3)
2MB(1メールあたり)
ポート番号(POP3) 110
ポート番号(SMTP)(※4) 587
SMTP認証(※4) チェックする
受信メールサーバ(POP) ctl.japan-net.ne.jp
送信メールサーバ (SMTP) ctl.japan-net.ne.jp
メール機能  
※メール設定管理画面で操作可能
セーフリスト設定
(受信許可アドレスの登録)
標準搭載
迷惑メールフィルター設定 標準搭載
ウイルスチェック (※5) 標準搭載
ウイルス検出通知 標準搭載
受信拒否設定 標準搭載
転送設定 標準搭載
自動返信 標準搭載
メール通知 標準搭載
メールパスワード変更 標準搭載

 注意点

  • (※1)メールボックス容量が100MBになりますと新着メールが受け取れなくなりますのでご注意ください。
    重要なメールはメールソフトにて受信していただくようお願いいたします。
  • (※2)メールボックスへ届いた日の60日後にサーバ上からメールが削除されます。
  • (※3)ヘッダー、本文、添付を含む全ての合計容量となります。
  • (※4)迷惑メール対策の一環として、サブミッションポート(587)とSMTP認証によるメール送信をお願いしております。メールスプールの多い(使用容量が80MB以上)ユーザ様宛てに警告メールを送信しております。 警告メールが届きましたら、Webメール等でメールの削除をお願いいたします。
  • (※5)常時ONとなります。ON/OFFの切替操作を行うことはできません。
ウェブの仕様
ウェブ領域の仕様
容量(※1) 200MB
独自ドメイン ×
FTPアカウント数 1個
FTPサーバ名 ctl.japan-net.ne.jp
CGI利用(※2)
PHP 7.3系
perl 5.26.3
python 3.6.8
ruby 2.6.3
ウェブ領域機能 
※会員専用画面で操作・確認可能
ウェブ容量確認 標準搭載
ウェブ領域URL確認 標準搭載
FTPパスワード変更 標準搭載

 注意点

  • (※1)ウェブ領域の容量追加サービスはございません。
  • (※2)カウンタ・フォーム等の提供はございません。
各種パスについて
各種パス
Perlパス(cgiのパス): /usr/bin/perl
Rubyパス: /usr/bin/ruby
Pythonパス: /usr/bin/python
ImageMagic パス: /usr/bin/convert
sendmail パス(メールプログラムpostfix使用): /usr/sbin/sendmail

パーミッション、その他注意事項

■文字コードについて

データベースの文字コードは[utf8mb4]、Webサーバのデフォルト文字コードはなしです。
文字化けをする場合は、コンテンツ側で文字コードのご確認・調整をお願いいたします。

■PHPについて
PHPが動作する拡張子

.php

推奨するパーミッション
  • PHPプログラム       600 rw-------
  • PHPを置くディレクトリ   701 rwx-----x
PHP設定カスタマイズについて

PHPの設定については、お客様でカスタマイズが可能です。

PHPのご利用について
  • お客様が作成されたPHPプログラムのサポートは一切行いません。
  • サーバに負荷がかかるPHP及びPHPプログラムの内容によっては弊社にて、予告無くPHPプログラムを停止させていただく場合があります。
  • PHPの内容によっては、サーバ上で実行する事自体制限させていただく場合があります。
■CGIのご利用について

Perlで開発された自作やフリー、市販のCGIプログラムを設置して利用することが可能です。プログラムファイルは、FTPでアップロードして設置してください。※ セキュリティ対策として、suEXEC機能を採用しております。

cgiが動作する拡張子

.cgi または .pl

推奨するパーミッション
  • CGIプログラム 700 rwx------ (777、766では動作しません)
  • CGIを置くディレクトリ 701 rwx-----x
  • CGIから読み書きするファイル 600 rw-------
  • CGIファイルを格納するディレクトリ 701 rwx-----x
CGIのご利用について
  • お客様が作成されたCGIプログラムのサポートは一切行いません。
  • サーバに負荷がかかるCGIプログラムを実行された場合は弊社にて、予告無くCGIプログラムを停止させていただく場合があります。
  • CGIの内容によっては、サーバ上で実行する事自体制限させていただく場合があります。

料金・ご請求について

料金について

ミライネットのサービス料金が適用となります。※詳細は、新旧プラン比較表をご確認ください。

ご請求について
◆月額支払のお客様

2020年9月ご利用分より、株式会社ミライコミュニケーションネットワークからのご請求となります。
ご請求サイクルは【月末締め翌月請求】となります。
(例:2020年9月ご利用分は、2020年10月初旬にご請求させていただきます。)

◆年額支払いのお客様

次回のご契約更新月より、株式会社ミライコミュニケーションネットワークからご請求させていただきます。
ご請求サイクルは【ご契約更新月の月末締め、翌月に1年分の料金をご請求】となります。
(例:2020年9月更新の場合、2020年10月初旬に年額費用をご請求させていただきます。)

※契約期間途中での解約及び月割でのご返金は承っておりませんのであらかじめご了承ください。
※お支払い済みの料金及びご契約期間は、株式会社インフォウェアからのご申告により対応させていただきます。


 移行完了までの流れ

STEP1:移行申込をしてください

以下の移行手順書に沿って、ウェブサイトから移行申込を行ってください。
※ミライネットのアカウント情報は、7月下旬以降順次通知いたします。

 ジャパンネット(株式会社インフォウエア)からの移行手順書(PDF)

移行申請フォーム
https://ssl2.mirai.ad.jp/j-net/trans

【受付期間】2020年7月1日~2020年8月20日
【お手続きの際に用意いただくもの】 申込コード、クレジットカード

※お支払方法はクレジットカードのみとなります。予めご了承ください。
※クレジットカードでのお支払いが不可能な場合(自治体等でご契約のお客様)は別途お問い合わせください。※申込コードは、株式会社インフォウェアのご案内文書に記載されております。

 

STEP2:各種設定作業

ミライネットから発行された情報を、お使いのパソコンやNTT機器に設定してください。

 注意点

ウェブサイトの移行について

2020年5月29日時点のホームページデータを、株式会社ミライコミュニケーションネットワークにて新しいサーバにコピーいたしました。

※5月29日以降に更新をされたデータは、お客様側で更新をお願いいたします。
※データ移行は、現在のデータをそのまま移動させたものとなります。正しく表示、動作する作業は含まれておりません。コンテンツがの調整等はお客様にて行ってください。
※php、perl等のバージョンが変更になります。

 

STEP3:サービス切替完了

ミライネットにて2020年 8月 25日 (火 )11:00に切替を行います。
上記日時以降、メールはミライネットのメールサーバでの送受信となります。ホームページはミライネットのFTPサーバにアップロードされている情報が表示されます。



表示金額は税込み(税率8%)